地元ラブ。サイト

かには何種類かいますよね。タラバ、ズワイ、毛蟹、松葉…、でもそれぞれの違いまでを述べられる方は少ないはず。うんちくにしてもらってもいいのですが、代表的なかにの簡単な分類をご紹介するので、どのかにを買うのかというご検討に参考にしてください。

タラバガニ・・・見た目は体がデカく、足も太く逞しいです。味は一般的なかにの味ですがw、身が多く食べごたえがあるため、人気があり、かにの代表格になっているわけです。実はタラバガニのかにみそはあまりオススメできないのです。

 

タラバガニ通販へ

 

タラバは太い脚が最大の魅力です。

続きを読む≫ 2013/12/08 20:40:08

私のお姑さんはとても優しい方です。

私が恐縮するほど「大事なお客様」として扱うので、主人と里帰りしてもどこかの旅館に泊っているかのように何もしなくて良い状態です。

「手伝います」と言ったところで、お皿を並べるくらいしかさせません。

お風呂は一番風呂で、上がったらお布団が敷いてあります。

嫁姑問題で最近耳にする、「姑にいびられてきた世代」のお姑さんなので私にとても優しいようです。

とても有難いですし、私はそんなお姑さんに楯突く気はさらさらありませんので、我が家の嫁と姑の関係はすこぶる良好です。

結婚で最も大きな障害になることなのでとても嬉しく思います。

さらに最近お義兄さんも結婚されて、二世帯住宅になったのですが

お義兄さんのお嫁さんももともと私の主人の同級生で面識がある方です。

こちらとも友人のように仲良くなり、今のところ親戚トラブルの心配は

皆無です。

続きを読む≫ 2013/09/12 11:39:12
江戸時代の浮世絵師として、世界的にも評価が高いのが葛飾北斎です。
すごいのが引越しの回数です。
なんと、引越しの回数は93回と言われています。現在のように引越し業者に頼まずに自分でやったのですから驚きです。
代表的な作品としては「富嶽三十六景」があり、これはどこかで目にしたことがあると思います。
また、「北斎漫画」も秀逸で、評判の良い作品です。
さて、この
ちょっとビックリしますよね。
なぜ、北斎はこれだけ頻繁に引っ越したのでしょうか?
その理由は定かではありませんが、やはり、根底には現状に満足しない精神というのがあったのだと思います。
それが磨かれて、絵師としての大成につながったのだと思います。
続きを読む≫ 2012/10/15 23:28:15

東京の渋谷は特に女子たちのあこがれの街です。

おしゃれな服やアクセがいっぱいある109やきれいになれる美容院のある

センター街付近は特に女子たちに人気のスポットです。

休日は、渋谷駅前のハチ公前で待ち合わせをして、街に繰り出す女子も多いのです。

こういった女子たちの多くが東京都内ではなく、周辺県、千葉や茨城などから来ています。

渋谷というおしゃれのオーラに魅かれて周辺から集まってくるのです。

女子たちを虜にしてやまない何かを持っている街。

渋谷、あるいは原宿は常に女子たちの文化の最前線なのです。

続きを読む≫ 2012/07/03 01:14:03
「家に帰って最初にすることは何ですか?」
こんなアンケートがありました。
で、その上位の回答に「パソコンの電源を入れる」というのがあったわけですが、実は私も同じです。
最近はパソコン接続もWiMAXの時代ですから接続も高速なわけです。

家に帰ったら、先ずパソコンを立ち上げるというのが習慣になっています。
パソコンはもちろん常時接続ですので、使おうか使うまいが、とにかく電源は入れておくという感じです。
以前は家に帰ったら、まずテレビをつけるというのが日課だったのですが、もうパソコンに取って代わられた感じです。
実際、テレビもあまり見なくなりましたね。
そんなに面白い番組も無いということもありますが、テレビのような一方通行の情報よりも、パソコンのように双方向でやりとりするほうが数倍面白いです。何ですか?」
こんなアンケートがありました。
で、その上位の回答に「パソコンの電源を入れる」というのがあったわけですが、実は私も同じです。
家に帰ったら、先ずパソコンを立ち上げるというのが習慣になっています。
パソコンはもちろん常時接続ですので、使おうか使うまいが、とにかく電源は入れておくという感じです。
以前は家に帰ったら、まずテレビをつけるというのが日課だったのですが、もうパソコンに取って代わられた感じです。
実際、テレビもあまり見なくなりましたね。
そんなに面白い番組も無いということもありますが、テレビのような一方通行の情報よりも、パソコンのように双方向でやりとりするほうが数倍面白いです。
続きを読む≫ 2012/06/19 15:22:19
相手が初対面で、さしたるデータも持っていない場合、相手が信頼に足る人物かの判断を
外見からしなくてはなりません。
よく言われるのが靴、そして時計です。

もちろん、たかが腕時計のデータだけで相手を判断するのではありません。
そうではなく、事実として、相手に対するデータが皆無であるとき、腕時計を参考にする意外にない
場合があるわけです。腕時計やあいさつの仕方、靴のブランド、身なり…
こういった微差の積み重ねが大きな印象となります。
高い時計をしていればいいという事ではなく、みっともない格好ではないか、が重要なんです。
続きを読む≫ 2012/06/09 22:03:09
日本列島は広いですから一年を通しての日照時間は地域格差があります。
東北の女性は肌がキレイだと言われるのも日照時間が比較的少ない事が原因です。
日照時間が短い事のデメリットは太陽光発電の際の発電量に影響する事です。
太陽光発電の見積りをしてみても陽が照る期間が短い地域はどうしても劣勢です。
他方で、列島の南に位置する沖縄などは、紫外線の影響が強い代わりにソーラー発電には向いていると言えます。
どちらが良くて、どちらが駄目、という単純な話ではありません。
それぞれの地域の特性の持つメリット、デメリットを冷静に活かしていくのが最善なんです。
続きを読む≫ 2012/05/27 13:34:27
あなたは歌舞伎町という街にどのようなイメージを持っているでしょうか?

歓楽街というイメージが強いですが、実際の歌舞伎町を歩けばそこは単なる雑多な地区でしかないのです。
女の子が通うおしゃれなエステなんかもこの辺には沢山あるんです。

もちろん、歓楽街としての歌舞伎町という側面も少なからず存在はしています。
夜の歌舞伎町でお兄さんに声をかけられて雑居ビルに入っていくと、夜の女性がそこにいたりします。
そのビルを出るとまた次のお兄さんが声をかけてきます…。
歌舞伎町という街は、人々の欲望を満たす街なのでしょうか?
それとも、人々を惑わせる街なのでしょうか?
この質問に対する答えは、大きく2つに分かれるような気がします。
ひとつには、現在首都圏に住んでいて、普段から新宿という街に慣れ親しんでいる場合。
もうひとつには、ずっと地方で暮らしていて東京という場所にある種のユートピアのようなイメージを持っている場合。
後者の場合は、まず間違いなく歌舞伎町という街に対して風俗を中心とした歓楽街的なイメージを持っていると思います。
続きを読む≫ 2012/05/19 15:54:19
健康のためには肉より魚が良いと言います。
女性の場合、健康は肌のコンディションに直結しますから食べるものには注意です。

ニキビが跡になったら大変ですから、食事の質には注意しておきましょう。



だいぶ前から若者の魚離れが言われてます。
魚より肉が好きという若い人は多いですね。
そもそも、若い主婦だと魚がさばけない人もたくさんいます。
だから、魚よりも手軽な肉のほうに手が伸びると言います。
でも、高齢者はやっぱり魚が好きかと思っていたら、最近はそうでもないそうです。
政府の調査では高齢者も魚から肉へと嗜好が移っているそうです。
これは漁業関係者には衝撃的でしょうね。
まさに「ぎょぎょ!!」って感じです。
でも、魚か肉かの二者択一ではなく、両方をバランスよく食べることが大切だそうです。
ただコレステロールを抑制するという点では圧倒的に魚に軍配が上がるようです。
続きを読む≫ 2012/05/09 13:02:09
プロのアスリートとして欠かせないもの。
それはセルフメンテナンスです。
この道に入ったきっかけは、ただ好きだったからなのですが、今や僕を観ていてくれる支援者の為でもあります。
オフシーズンになると、基礎的な体力アップがトレーニングの中心になります。
これはとんでもなく地道な行為。
しかしそれが来シーズン、僕のスキルアップに繋がるのならば、従容として受けなければいけません。
ワンシーズン闘っていると、何が自分に欠けているのかが良くわかります。
それは相手も同じでしょう。
僕の目標は、いかにプロであり続けるのか?です。
少しでも現役で勝負する時間を長く持ちたい。
ちなみに僕のトレーナーは半端でないトレーニングを僕に課します。
でも、これも来季の為なので、頑張るしかありません。
続きを読む≫ 2012/05/09 11:07:09